NUMBER 5(ナンバー・ファイブ) オリジナル 新作のドレスについて - MAGAZINE | NUMBER 5 (ナンバー ファイブ)

MAGAZINE

NUMBER 5(ナンバー・ファイブ) オリジナル 新作のドレスについて

MAGAZINE - 21.09.2022

新しくNUMBER 5(ナンバー・ファイブ)のオリジナルドレスの新作が入荷しました。

 

半年に1度、少しずつ新作を店頭にお出ししながらご紹介させていただいているのですが、

今回はウェディングドレスが4着、

カラードレスが2着入荷しました。

 

 

1着目は可憐なレースのマーメイドドレス。

このレースの柄をお探しするのに、何度もやり取りをして見つけた

渾身の1着です。

素材探しに奔走してくれていたスタッフは

ドレスが形になった時、

「なんだか涙が出そうです」と話していたくらいです。

 

スタンドカラー&ロングスリーブというクラシカルなデザインなので、

バックスタイルは大胆に。

そのバランスが洗練された印象になります。

 

 

 

2着目は、プリーツのように胸元に細かくタックを寄せたドレス。

たっぷりとしたクラシカルなサテンのドレスに

少しコンテンポラリーで印象的なポイントをプラスしています。

 

「上品でクラシカル」は、

私たちにとっても大好きなテイストですが

その印象だけに留めないのが、NUMBER 5らしいのではないかなと思っています。

ある一方的な面から見た印象だけではなく

色々な要素を感じられるように表現することは、

多角的な価値観を持つ現代の花嫁様にもマッチするのではないかなと想像しています。

 

 

 

3着目のドレスは、

ロマンティック且つ、Bohemian Spiritを感じるドレス。

ネイチャーモチーフのレースに繊細なシャンテリーレースを重ね、

切り替えの部分にはアイレットレースが使われるなど、

実はとても華やかな構成です。

ナチュラルで透明感のある印象ですが、存在感があります。

 

 

 

ウェディングドレス4着目は、

落ち感のあるクレープ素材を使用した、

モダンでエフォートレスな印象のドレス。

合わせたロングスリーブには透明感のあるシルクオーガンジーを。

マットな透け感が、本物の素材ならではの雰囲気を醸し出しているところもとても気に入っています。

控えめではありますが、このドレスの大切なポイントです。

 

パフスリーブの肩の立ち上がりがユニークで華やかな印象で、

ウェディングドレスらしい特別感もあります。

 

 

 

カラードレスの1着目は、

ライムカラーのパフスリーブドレス。

あえて、少しネップのある、タイシルクを使用しています。

 

パリッとした素材だからこそ決めすぎないように。

どこか抜け感を出したいと思い、

ドレスには常識のカップを外し、柔らかく自然に体に沿うように作りました。

とても軽やかなお作りですが、すごく印象的なカラードレスです。

 

 

 

最後はブラック。

ブラックドレスはずっとチャレンジしてみたかったカラーで、

今回、スタッフ全員がとても気に入ったフランスのレースに出会い、

形にすることができました。

モチーフレース、黒のチュール、ベージュの裏地などを重ねて。

ブラックだからこそ、華やかさや奥行き感が美しく出るようにこだわってお作りしました。

生地の重ね合わせる順番でとても印象が変わってしまうので

繊細な表情を出せるように、何度もやり取りをした1着。

パフスリーブの透明感も、とてもときめく可愛さです。

 

 

 

以上で6着、ご紹介させていただきました。

いかがでしたか?

 

ドレスのバイイングもそうですが、

ドレス製作も同じように妥協を一才せず

とことん自分達がまず愛せるかどうかを考えながらお作りしているので、思い入れもひとしおです。

先述のように、

ドレスが形になった時には涙が出てしまいそうになるくらいなのです笑

沢山の花嫁様にお気に召していただけると嬉しいなと思っています。

 

 

 

NUMBER 5はインポートドレスをバイイングしているイメージが強いかと思いますが、

実はドレスの制作の歴史もとても長く、

バイイングと同じくらいの長い積み重ねがあります。

 

美しいドレス、こなれた雰囲気になるドレスには

その理由となるポイントが必ずあるので、

その素敵なポイントをドレス製作に落とし込んでいるのですが

長年インポートドレスに沢山触れてきたからこそ、

具現化できているのではないかなと思っています。

 

 

ドレスの作りや、内側の一つ一つの素材の重なりが

表面のデザインになって現れてくることを実感するとともに、

バイイングさせていただくドレスの素晴らしさや

デザイナーや作り手の計り知れないこだわりを思い、

ますます素晴らしいクリエイターへの尊敬の念が深まります。

 

 

今回ご紹介したドレスはNUMBER 5の店頭にてご紹介していますので、

気になる方は是非、ご予約の際に「オリジナルドレスの新作」

と、ご希望のリクエストをお伝えくださいね。

お待ちしております。

 

 

 

CATEGORY

LATEST ISSUES

ARCHIVES