5月入荷予定のブランド NEWHITE ニュー・ホワイト - MAGAZINE | NUMBER 5 (ナンバー ファイブ)

MAGAZINE

5月入荷予定のブランド NEWHITE ニュー・ホワイト

MAGAZINE - 22.04.2020

去年の10月にNYのブライダルファッション・ウィークで

初めて出会ったブランドNEWHITE(ニュー・ホワイト)のドレス。

この状況もあり、少し遅れていたのですが、

もうすぐ届き、5月にはご紹介ができそうだと連絡がありました。

 

日本では初めての上陸、おそらく皆さまも初めてお知りになる方も多いかもしれません。

5月頃にはきっと皆さまをご案内できる状況になっていることを願いながら

とても素敵なブランドなので、ご紹介をしたいなと思い

ブログを書きました。

 

 

 

ブランドの世界観もデザインもモダン。

シンプルでミニマルですが、どこかとても力強い意志を感じる、というのが

初めてNEWHITE(ニュー・ホワイト)との出会いで感じた印象でした。

NEWHITE(ニュー・ホワイト)のデザイナー、ジュリエットは

「現代の花嫁は何か新しくて違うものを望み、それは間違いなく居心地の良いもの」と、

個性と自分らしさを大事にする現代の女性のために

モダンなドレスをつくることに情熱を持っているそうです。

 

 

ジュリエットのつくり出すデザインの美学は建築好きから。

そして、カルフォルニアのエフォートレスな雰囲気と

NYの都会的な精神からもインスピレーションを得て

現代の女性のための、フレッシュでファッション重視でありながらも

控えめで、完璧なブライダルコレクションを作っています。

こちらのドレスはまさにそんなインスピレーションを体現するようなドレス。

ストラップにバロックパールがあしらわれていて、

女性心くすぐられるデザインです。(”M.V.P.DRESS”  rental:¥200,000+tax)

 

トルソーのお写真で恐縮なのですが

こちらは胸元がストレートのデザインも入荷します。

どちらも可愛くて、絞れませんでした。

少しのディテールの違いで雰囲気は変わります。

是非、よりお好きな方を選んでいただければと思っています。

 

 

そして、このドレスと合わせて

ショールームでとっても素敵にスタイリングされていたケープ。

ストラップにつけて着脱ができるものなのですが

こちらも本当に素敵でしたので、一緒に選びました。

上質なシルクオーガンジーで透明感があり

セレモニーとパーティで雰囲気を変えていただくのにぴったりです。

(ケープ rental: ¥100,000+tax)

 

 

こちらは繊細にプリーツ加工されたシルクチュールのオーバースカート。

是非、NEWHITE(ニュー・ホワイト)のInstagramで動画をご覧いただきたいくらい、とっても美しいです。

(オーバースカート rental: ¥100,000+tax)

 

小物一つ一つ、素材もシルエットも妥協なくストイックに美しく、

デザイナージュリエットの花嫁への愛情とこだわりを感じます。

 

ブランド全体でコレクションの統一感があるので

ドレスのミニマルで洗練されたデザインイメージはそのままに、

神秘的で、ウェディングの特別な雰囲気にしてくれるのです。

 

 

私たちはあまりドレス以外のドレスアクセサリーを購入することは有りませんでしたが

NEWHITE(ニュー・ホワイト)はケープもスカートも、

是非一緒にスタイリングしていただきたいブランドです。

 

 

 

シルクオーガンジーのこちらのドレスは6月〜の入荷予定と少し先ですが

素材とシルエットがとても美しく、

入荷が待ち遠しい、ご紹介がとっても楽しみな一着です。

(S.M.DRESS rental: ¥320,000+tax)

 

 

 

NEWHITE(ニュー・ホワイト)はどのドレスもシンプルで、

研ぎ澄まされた印象。

洗練されていてミニマルなのは変わりないのですが、

しっかりと1着1着に個性があり、意志を感じるデザインです。

 

ブランド背景を伺っていたら

デザイナーのジュリエットは女性のエンパワーメントの延長として自由と、

個性の重要性を大切に考えていて、

“I AM THAT GIRL”という、女の子の文化を変えている組織のスポンサーでもあるそうです。

モダンで知的、落ち着いた雰囲気ではありますが

デザイナーの情熱や、

「自身のデザインするドレスで、世界を変える」

そんなメッセージも静かに感じる、かっこいいブランド。

 

わたしたちもそんな思いのあるブランドを取り扱い、

花嫁様にご紹介させていただくことで

「もっと自由で、もっと素敵な世界に変える」

そんな一旦を担うことができたらと思っています。

 

 

少しこの状況が落ち着いてきたら

是非モダンな雰囲気がお好きな花嫁様に

デザイナーの想いに共感してくださる花嫁様に、

NEWWHITE(ニュー・ホワイト)のドレスを見にいらしていただきたいです。

 

 

CATEGORY

LATEST ISSUES

ARCHIVES